f0140623_19065361.jpeg

2018/11/28(水)にリリースされる、和物ラヴァーズ・ロック・コレクション『RELAXIN’ WITH JAPANESE LOVERS VOLUME 7』に
・KODAMA & GOTA featuring JANET KAY「I DON'T WANT THIS LOVE TO END(Full Version Mix)」
・キミドリ「なんてキミドリだ今日 feat. 小玉和文」
の2曲が収録されます。どちらも現在、入手し辛い音源です。

『RELAXIN’ WITH JAPANESE LOVERS VOLUME 7
~IN THE MOOD FOR JAPANESE LOVERS COLLECTIONS~』
聖なる夜に愛と優しさを必ず与えてくれる極上和物ラヴァーズ・ロック・コレクション第7弾CD。時代やジャンルすら超えた珠玉の全14曲を収録。

発売日:2018年11月28日
品番:AICL-3596
価格:2,400円+税

収録楽曲:
01.Fiction Romance / VIDEOTAPEMUSIC
02.ラビリンス【Vocal;満島ひかり】(DUBFORCE Mix)/ MONDO GROSSO *初CD化
03.THANK YOU FOR THE MUSIC / bonobos
04.RUNNIN' AWAY / FRISCO feat. CHEE
05.いかれたBABY / 大比良瑞希 *未発表音源初CD化
06.I DON'T WANT THIS LOVE TO END(Full Version Mix) / KODAMA & GOTA featuring JANET KAY
07.雪の華(Reggae Disco Rockers 2018 Relaxin' mix) / 中島美嘉 *初CD化
08.Christmas Time In Blue(Original Version) / 佐野元春
09.DRIP DRY EYES / SANDII
10.スカートの砂 / UA
11.ウォーリー・ビーズ / 細野晴臣&イエロー・マジック・バンド
12.おてもやん / 民謡クルセイダーズ
13.なんてキミドリだ今日 feat. 小玉和文 / キミドリ
14.回想 / 高橋幸宏

KODAMA & GOTA:こだま和文と屋敷豪太のユニット。ロンドン・ウエスト・ポイント・スタジオで制作され、1枚のアルバム、2枚のシングル、1枚のリミックス盤をリリース。レコーディングにはアスワドのメンバーを始めとしたUKミュージック・シーンのアーティストたちも参加。後にライブ盤もリリースされました。

シングル『I DON'T WANT THIS LOVE TO END』
http://www.sonymusic.co.jp/artist/KodamaAndGota/discography/SRCS-8193

KODAMA & GOTA公式サイト
http://www.sonymusic.co.jp/artist/KodamaAndGota/

キミドリ:クボタタケシ、石黒景太(KUROOVI)、DJマコトによる3人組ヒップホップ・ユニット。「なんてキミドリだ今日 feat. 小玉和文」は、1996年にリリースされたキミドリのミニアルバム『オ・ワ・ラ・ナ・イ~OH,WHAT A NIGHT!』収録曲。トランペットがフィーチャリングされたコラボ曲です。

RELAXIN’ WITH JAPANESE LOVERS:伝説のカルチャー・マガジンならぬオルタナティヴマガジン『relax』の特集から誕生した、70年代のロンドンで流行したスウィート&メロウなレゲエ、ラヴァーズ・ロックを集め人気を博した名物コンピレーション、『RELAXIN’ WITH LOVERS』シリーズ。その和物盤スピンオフが、『RELAXIN’ WITH JAPANESE LOVERS』。デザインは、雑誌『relax』のADを務め、フリーソウル、アプレミディ・シリーズ等でも知られ、同シリーズを全て手掛けている、NANA小野英作。写真は、1984年当時、ロンドンのブリクストンに住み、ジャマイカ移民によるUKカリビアン・カルチャーを美しく活写した写真家・石田昌隆。

「今作もまた、タイムレスでありながらタイムリーな新旧ジャンルを超えたジャパニーズ・アーティスト達の作品のなかから、絶妙すぎる超ナイスなラヴァーズ・レゲエ・セレクション。最高です!二人きりの時間のムーディーな演出に、また年の瀬のパーティーシーズンに向けても必携な内容ですね!」
(HMV recodshop 渋谷 長谷川賢司)

「大らかでピースフル!ミッドナイトもトワイライトも似合う、チルでメロウなジャパニーズラヴァーズ~ダブミュージックを集めたコンピの第7弾!音楽的な知識なんかなくたってリラックスして聴いているうちに、部屋の空気に溶け込んでいく様な柔らかく、穏やかでメロウな音楽が詰まった作品で、繰り返し聴きたくなるカジュアルさを備えた1枚!世の中には自分の知らない良い音楽がまだまだたくさんあり、だからこそ音楽に対する興味は尽きないと改めて思わせてくれる全ミュージックラヴァーズに聴いてほしいアルバムです!」
(TOWER RECORDS新宿店Y.Y)


f0140623_00442322.jpeg

5/25よりKazufumi Kodama & Undefined、10inch「New Culture Days」が、EU圏で発売されます。‬

‪EU盤はライナーノートの写真が日本版と異なり、文章が英訳になってます。‬

It's sold at Europe on May 25.

‪視聴はこちらで↓‬
You can listen to on this page.
http://www.newdubhall.com/release/kodama_ud/#preview‬

*数は限られますが、逆輸入という形で日本でも流通しています。

<UK>
★juno records
https://www.juno.co.uk/products/kazufumi-kodama-undefined-new-culture-days/689410-01/

★Phonica Records
https://www.phonicarecords.com/product/view/153068

★Piccadilly Records
https://www.piccadillyrecords.com/counter/product.php?pid=123419

★Rewind Forward
https://rwdfwd.com/products/kazufumi-kodama-undefined-new-culture-days/

★Red Eye Records
https://www.redeyerecords.co.uk/vinyl/97340-ndh-vn-7-002-kazufumi-kodama-and-undefined-new-culture-days-

<Germany>
★hhv.de
https://www.hhv.de/shop/en/item/kazufumi-kodama-and-undefined-new-culture-days-592383

★deejay.de
https://www.deejay.de/Kazufumi_Kodama_%26_Undefined_New_Culture_Days_NDH-VN-7-002_Vinyl__315495


f0140623_23272953.png


f0140623_00442322.jpeg

*日本での販売分は売り切れました。ありがとうございます。

2018/4/30、Kazufumi Kodama & Undefined、10inch「New Culture Days」リリース。

UNDEFINEDは、リユニオンした際のDRY&HEAVYにキーボードのサポート・メンバーとして参加したsahara(キーボード /プログラミング)と、ステッパーなグルーヴが好事家たちを楽しませたルーツ・レゲエ / ダブ・バンド、SOUL DIMENSIONのドラマーも務めるohkumaがスタートさせた、ダブ・ユニット。

そのUNDEFINEDとこだま和文が共作して作り上げたのが、「New Culture Days」。10inchのB面には、「New Culture Days」のDUBバージョンが収録されます。海外でも高い評価を受けるBin One ProductionのE-Muraがミックスとマスタリングを手がけました。ヨーロッパでも5月から発売予定です。

特設サイトでは「New Culture Days」とDUBバージョンの視聴ができ、こだま和文とUndefinedからのコメント、河村祐介さんによる解説も読めます。

こちらは再入荷が困難な作品です。ぜひ、お早めにお求めください。

特設サイト
http://www.newdubhall.com/release/kodama_ud/

視聴ページ
http://www.newdubhall.com/release/kodama_ud/#preview

2018/4/30リリース
Kazufumi Kodama & Undefined
10inch「New Culture Days」
1,800円(税込)
a. new culture days
b. new culture days - dub -
composed by Kazufumi Kodama & Undefined
recorded by Taichi from Stim
dub mixed by Sahara from Undefined
mixed & mastered by E-Mura from Bim One
artwork by Stoa Inc.
released from New Dub Hall
ndh-2-vn-10-001

初回出荷分特典:ライナーノート(コメント、レコーディング風景など)*枚数未定

【取扱ショップ】
通販:newdubhall ウェブストア *sold ou
https://newdubhall.stores.jp/items/5ab70416122a7d3fa8000a4f
新宿:ダブストアレコード
https://www.reggaerecord.com/jp/catalog/description.php?code=523388
渋谷:GLOCAL RECORDS
http://glocalrecords.com/index.php?p=57392‬
下北沢:ディスクショップゼロ
http://dsz-intel.tumblr.com/post/172310613044
練馬:ココナッツディスク江古田
‪http://coconutsdisk.com/ekoda/‬
大阪:ニュートーンレコード
https://www.newtone-records.com/item/n_t0085162.html


f0140623_19274641.jpeg

2018/4/30リリースのUndefinedとの共作の10inch「New Culture Days」を巡る、こだま和文のインタビューが公開されました。

「こだま和文インタビュー:静かなるダブの自由─ワッキーズ、ミニマル・ダブ、ソロ、そしてニューダブホールを巡って─」
インタビュアー:河村祐介 / 写真:太田丞

★前編
http://www.newdubhall.com/interview/kazufumikodama/
前編では、ワッキーズ、ロイド・バーンズ、リズム&サウンドとの出会い、ミニマム・ダブなどについて語られています。

★後編
http://www.newdubhall.com/interview/kazufumikodama/vol02.php
後編では、Speedstar International(ビクター)時代に使用していたヤマハのQYシリーズ、Undefinedとの共作、KODAMA AND THE DUB STATION BANDの再始動、Silent Poetsへのゲスト参加などを語っています。

このインタビュー全編の英訳がアップされました。
Interview: Kazufumi Kodama:Freedom of Silent Dub -prequel-
─Wackies, Minimal Dub,
Solo Act and Newdubhall─
http://www.newdubhall.com/eng/interview/kazufumikodama/

2018/4/30リリース
Kazufumi Kodama & Undefined
10inch「New Culture Days」
https://echoinfo.exblog.jp/29636375/

*このインタビューは、2018/3/28、国立の酒場FUKUSUKEで行なわれました。
https://ameblo.jp/sakabarfukusuke/

10inch「New Culture Days」のマスタングを手がけたE-MURAさんインタビュー
「レコーディング・エンジニア、その男、職人につき」
★前編
https://www.newdubhall.com/interview/emura/
★後編
https://www.newdubhall.com/interview/emura/vol02.php

Kazufumi Kodama & Undefinedをリリースしたレーベル「newdubhall」のサイトに藤原ヒロシさんがダブについて語るインタビュー掲載。こだま和文が在籍したルードフラワー、MUTE BEATについても、リスナー目線で触れています。

藤原ヒロシインタビュー
「─イン・ダブ・カンファレンス:パンク、そしてダブ─」
★前編https://www.newdubhall.com/interview/hiroshifujiwara/
★後編
https://www.newdubhall.com/interview/hiroshifujiwara/vol02.php

f0140623_04463151.jpeg

Undefinedとの共作10inch「New Culture Days」を巡る、こだま和文のインタビュー。全文の英訳が公開されました。

The Interview with Kazufumi Kodama fully translated into english now! Enjoy a read whilst playing your brand new 10 inch!

Interview: Kazufumi Kodama:Freedom of Silent Dub -prequel-
─Wackies, Minimal Dub,
Solo Act and Newdubhall─
http://www.newdubhall.com/eng/interview/kazufumikodama/

このインタビューの日本語版
★前編
http://www.newdubhall.com/interview/kazufumikodama/
★後編
http://www.newdubhall.com/interview/kazufumikodama/vol02.php

〈UK)
★juno records
https://www.juno.co.uk/products/kazufumi-kodama-undefined-new-culture-days/689410-01/

★Phonica Records
https://www.phonicarecords.com/product/view/153068

★Piccadilly Records
https://www.piccadillyrecords.com/counter/product.php?pid=123419

★Rewind Forward
https://rwdfwd.com/products/kazufumi-kodama-undefined-new-culture-days/

★Red Eye Records
https://www.redeyerecords.co.uk/vinyl/97340-ndh-vn-7-002-kazufumi-kodama-and-undefined-new-culture-days-

<Germany>
★hhv.de
https://www.hhv.de/shop/en/item/kazufumi-kodama-and-undefined-new-culture-days-592383

ほdeejay.de
https://www.deejay.de/Kazufumi_Kodama_%26_Undefined_New_Culture_Days_NDH-VN-7-002_Vinyl__315495