<   2018年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

f0140623_19065361.jpeg

2018/11/28(水)にリリースされる、和物ラヴァーズ・ロック・コレクション『RELAXIN’ WITH JAPANESE LOVERS VOLUME 7』に
・KODAMA & GOTA featuring JANET KAY「I DON'T WANT THIS LOVE TO END(Full Version Mix)」
・キミドリ「なんてキミドリだ今日 feat. 小玉和文」
の2曲が収録されます。どちらも現在、入手し辛い音源です。

『RELAXIN’ WITH JAPANESE LOVERS VOLUME 7
~IN THE MOOD FOR JAPANESE LOVERS COLLECTIONS~』
聖なる夜に愛と優しさを必ず与えてくれる極上和物ラヴァーズ・ロック・コレクション第7弾CD。時代やジャンルすら超えた珠玉の全14曲を収録。

発売日:2018年11月28日
品番:AICL-3596
価格:2,400円+税

収録楽曲:
01.Fiction Romance / VIDEOTAPEMUSIC
02.ラビリンス【Vocal;満島ひかり】(DUBFORCE Mix)/ MONDO GROSSO *初CD化
03.THANK YOU FOR THE MUSIC / bonobos
04.RUNNIN' AWAY / FRISCO feat. CHEE
05.いかれたBABY / 大比良瑞希 *未発表音源初CD化
06.I DON'T WANT THIS LOVE TO END(Full Version Mix) / KODAMA & GOTA featuring JANET KAY
07.雪の華(Reggae Disco Rockers 2018 Relaxin' mix) / 中島美嘉 *初CD化
08.Christmas Time In Blue(Original Version) / 佐野元春
09.DRIP DRY EYES / SANDII
10.スカートの砂 / UA
11.ウォーリー・ビーズ / 細野晴臣&イエロー・マジック・バンド
12.おてもやん / 民謡クルセイダーズ
13.なんてキミドリだ今日 feat. 小玉和文 / キミドリ
14.回想 / 高橋幸宏

KODAMA & GOTA:こだま和文と屋敷豪太のユニット。ロンドン・ウエスト・ポイント・スタジオで制作され、1枚のアルバム、2枚のシングル、1枚のリミックス盤をリリース。レコーディングにはアスワドのメンバーを始めとしたUKミュージック・シーンのアーティストたちも参加。後にライブ盤もリリースされました。

シングル『I DON'T WANT THIS LOVE TO END』
http://www.sonymusic.co.jp/artist/KodamaAndGota/discography/SRCS-8193

KODAMA & GOTA公式サイト
http://www.sonymusic.co.jp/artist/KodamaAndGota/

キミドリ:クボタタケシ、石黒景太(KUROOVI)、DJマコトによる3人組ヒップホップ・ユニット。「なんてキミドリだ今日 feat. 小玉和文」は、1996年にリリースされたキミドリのミニアルバム『オ・ワ・ラ・ナ・イ~OH,WHAT A NIGHT!』収録曲。トランペットがフィーチャリングされたコラボ曲です。

RELAXIN’ WITH JAPANESE LOVERS:伝説のカルチャー・マガジンならぬオルタナティヴマガジン『relax』の特集から誕生した、70年代のロンドンで流行したスウィート&メロウなレゲエ、ラヴァーズ・ロックを集め人気を博した名物コンピレーション、『RELAXIN’ WITH LOVERS』シリーズ。その和物盤スピンオフが、『RELAXIN’ WITH JAPANESE LOVERS』。デザインは、雑誌『relax』のADを務め、フリーソウル、アプレミディ・シリーズ等でも知られ、同シリーズを全て手掛けている、NANA小野英作。写真は、1984年当時、ロンドンのブリクストンに住み、ジャマイカ移民によるUKカリビアン・カルチャーを美しく活写した写真家・石田昌隆。

「今作もまた、タイムレスでありながらタイムリーな新旧ジャンルを超えたジャパニーズ・アーティスト達の作品のなかから、絶妙すぎる超ナイスなラヴァーズ・レゲエ・セレクション。最高です!二人きりの時間のムーディーな演出に、また年の瀬のパーティーシーズンに向けても必携な内容ですね!」
(HMV recodshop 渋谷 長谷川賢司)

「大らかでピースフル!ミッドナイトもトワイライトも似合う、チルでメロウなジャパニーズラヴァーズ~ダブミュージックを集めたコンピの第7弾!音楽的な知識なんかなくたってリラックスして聴いているうちに、部屋の空気に溶け込んでいく様な柔らかく、穏やかでメロウな音楽が詰まった作品で、繰り返し聴きたくなるカジュアルさを備えた1枚!世の中には自分の知らない良い音楽がまだまだたくさんあり、だからこそ音楽に対する興味は尽きないと改めて思わせてくれる全ミュージックラヴァーズに聴いてほしいアルバムです!」
(TOWER RECORDS新宿店Y.Y)


[PR]