<   2018年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

f0140623_01364297.jpeg

千葉でのKODAMA AND THE DUB STATION BANDの初ワンマンが決定しました。80名様限定です。

「KODAMA AND THE DUB STATION BAND」
【DATE】2018年11月25日(日)
【TIME】
open 17:00 / start 18:00
【PLACE】
千葉LIVE HOUSE ANGA
(千葉市中央区富士見 2-16-4 B1F)
アクセスマップはこのページの下の方にあります。
http://anga-hp.com/info/
【LIVE】
KODAMA AND THE DUB STATION BAND
こだま和文(Trumpet/Vocal/MC)
HAKASE-SUN(Keyboard)
森俊也(Drums)
コウチ(Bass)
AKIHIRO(Guitar)
DUB MIX:高橋史律
DJ:DJ HAMMER
【CHARGE】
前売:4,200円+1drink
当日:4,500円+1drink
【TICKET】予約開始は9/9(日)15:00〜
チケット予約:千葉ANGAのメールで受付します。

件名を11/25「KODAMA AND THE DUB STATION BAND」に。
1.お名前(代表者のフルネームと、カタカナ表記もお願いいたします。)
2.お電話番号とアドレス
3.ご予約人数
*整理番号は受付順に発行します。
*PCメールからの返信になります。携帯メールの方は、受信設定にお気をつけください。
【INFORMATION】
LIVE HOUSE ANGA
mail anga@anga-hp.com
Tel.043-224-7769
http://anga-hp.com/top/
*お問合せはメールでお願いします。

[PR]
f0140623_20561455.jpeg

3度目の開催となる「Gladdy Unlimited」に、こだま和文がゲスト出演します。

ジャマイカ音楽の草創期(1960年代〜)に大きく貢献したピアニスト、シンガー、プロデューサーであったGladstone ”Gladdy” Anderson。その功績を讃えるイベントが、「Gladdy Unlimited」。

3回目の今回は、ストレンジャー・コールがジャマイカから来日。バッキングは、いまやジャマイカン・レジェンドの来日公演には欠かせないMatt Sounds。

「Gladdy Unlimited」公式サイト
http://www.overheat.com/g_unlimited/

Matt Sounds公式サイト
http://www.mattsounds.tokyo

OVERHEAT MUSIC Presents
「Gladdy Unlimited」
【DATE】
2018年12月2日(日)
【TIME】
17:30 開場 / 19:00 開演
【PLACE】
渋谷CLUB QUATTRO 03-3477-8750
(東京都渋谷区宇田川町32-13-4・5F)
http://www.club-quattro.com/sp/shibuya/#shibuya-map
【ACT】
Special Guest Stranger Cole
Backed by Matt Sounds Feat. Guest こだま和文
Selector:MURO, Tommy Far East, Scratch Famous(Deadly Dragon)
【CHARGE】
前売:5,000円
当日:6,000円
Tシャツ付限定割引チケット:7,500円
*全てドリンク代600円別
【TICKET】発売中
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:128-075)
ローソンチケット:0570-084-003(Lコード:73843)
e+(イープラス)
http://sp.eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002234295P0030002P0006
★チケット取扱店
渋谷CLUB QUATTRO店頭
Far East Records(042-705-3374)
HESHDAWGZ(03-3475-3475)
Dub Store(03-3364-5251)
Coco-isle(03-3770-1909)
JET SET 下北沢店(03-5452-2262)
HMV record shop 渋谷(03-5784-1390)
HMV record shop 新宿ALTA(03-5362-3360)
REDPOT(048-854-0930)
OR GLORY 神宮前店(03-3423-9368)
【INFORMATION】
OVERHEAT MUSIC
TEL: 03-3406-8970
http://www.overheat.com

こだま和文が在籍したMUTE BEATは、1987年に青山スパイラル・ホールでグラディとのジョイント・ライブを開催,後に『Gladdy meets Mute Beat』としてDVD化。またレコーディング曲「Something Special」もあります。

『GLADDY meets MUTE BEAT 』
オフィシャルCM映像
https://youtu.be/wolwmRwbWMU

DVD
http://overheat.shop-pro.jp/?pid=32818306


[PR]
f0140623_00574321.jpeg

11/3、松竹谷清さん(ex.TOMATOS)が「The Christmas Song」のレゲエカバーの7inchをリリースします。エマーソン北村さんが参加し、Dub Mix はウッチーこと内田直之さん。

そのレコ発を祝う「松竹谷清 + エマーソン北村」の東京らに、こだま和文がゲスト出演します。この日のドラムはEGO-WRAPPIN’ や坂本慎太郎さん、ハナレグミ等で活躍する菅沼雄太さん。

松竹谷清
http://matsutakeya2.webcrow.jp/

松竹谷清『THE CHRISTMAS SONG』レコ発記念ライブ!!!
「GREETINGS」
【DATE】2018年11月18日(日)
【TIME】
OPEN18:00 / START18:30
【PLACE】
下北沢440
Tel.03-3422-9440(16:00〜)
東京都世田谷区代沢5-29-15 SYビル1F
http://440.tokyo/access/
【LIVE】
松竹谷清(Vo./G.)
エマーソン北村(Key.)
ゲスト:
菅沼雄太(Dr.)
こだま和文(Tp.)
【CHARGE】
前売:3,500円(税込)+1order(600円別)
当日:4,000円(税込)+1order(600円別)
【TICKET】9月2日(日)より発売開始
★440店頭 9/2(日)16:00〜
http://440.tokyo/
★e+ 9/2(日)10:00〜 http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002271244P0050001P006001P0030001?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_content=tour
★渋谷ミリバール
渋谷区宇田川町33-10 J+Rビル Jside3F 19:00-27:00 / 日・祝 休
http://www.ac.cyberhome.ne.jp/~millibar/
★国立・酒場FUKUSUKE
国立市東1-15-22 国立サニービル3F
18:00-26:00 / 木曜定休 https://ameblo.jp/sakabarfukusuke/
★松竹谷清サイト
http://matsutakeya2.webcrow.jp/
*e+以外はオリジナルチケットでの販売
*整理番号つき
*ショップでの販売は営業時間内になります。
【INFORMATION】
下北沢440
Tel.03-3422-9440(16:00〜)
http://440.tokyo/
http://matsutakeya2.webcrow.jp/

[PR]
f0140623_00030798.png

f0140623_12283044.jpeg

f0140623_12285367.jpeg

2018/6/24に開催された「SILENT POETS SPECIAL DUB BAND LIVE SHOW」を、2019年にライブフィルム『SAVE THE DAY』として、劇場公開&Blu-ray化するためのクラウドファンディングが始まりました。こだま和文も出演しています。

クラウドファンディング詳細
https://camp-fire.jp/projects/view/99350‬
*募集は2018/11/26 23:59まで。

SILENT POETS
ライブフィルム『SAVE THE DAY』Trailer
https://youtu.be/ZsW16ZMZzn8

SILENT POETS公式サイト
https://www.silentpoets.net

2018/6/24
「SILENT POETS SPECIAL DUB BAND LIVE SHOW」
feat. 5lack, NIPPS, こだま和文, 武田カオリ, asuka ando, 山崎円城(F.I.B Journal), YOSSY(YOSSY LITTLE NOISE WEAVER)
Guitar : 小島大介(Port of Notes)
Bass: Seiji Bigbird(LITTLE TEMPO)
Keyboards : YOSSY(YOSSY LITTLE NOISE WEAVER)
Drums&Per : 小谷和也(PALMECHO)
Trumpet : 坂口修一郎(Double Famous)
Trombone : icchie(YOSSYLITTLE NOISE
WEAVER)
Sax : 春野高広(LITTLE TEMPO / ex SILENT POETS)
Violin : グレート栄田/ 越川歩
Cello : 徳澤青弦
Electronics : 下田法晴(SILENT POETS)
Mix : Dub Master X

SILENT POETS
ライブフィルム
『SAVE THE DAY』
劇場公開予定日
東京・新宿:2019/1/19(土)-1/25(金)
大阪・心斎橋:2019/1/26(土)-2/1(金)
*詳細などは近日発表
監督: 下田法晴/沼田佳人
プロデューサー:高根順次 (SPACE SHOWER FILMS)
製作:ANOTHER TRIP/SPACE SHOWER FILMS
配給:SPACE SHOWER FILMS
https://films.spaceshower.jp/

リターン内容
組み合わせにより4パターン用意しています。ベーシックパターン以外は特製ボックス仕様に。劇場招待券と劇場公開映像と同内容(予定)のBlu-ray及び、本公演でも好評をいただいた映画のタイトル曲にもなる武田カオリさんをフィーチャリングした「SAVE THE DAY」を改めてスタジオ録音した限定のアナログ7インチシングルなど、ここでしか手に入らない様々なグッズをご用意。また全てのグッズが入ったパターンでは、映画ラストのエンドロールに協力者としてお名前を入れさせて頂きます。

[PR]
f0140623_19065361.jpeg

2018/11/28(水)にリリースされる、和物ラヴァーズ・ロック・コレクション『RELAXIN’ WITH JAPANESE LOVERS VOLUME 7』に
・KODAMA & GOTA featuring JANET KAY「I DON'T WANT THIS LOVE TO END(Full Version Mix)」
・キミドリ「なんてキミドリだ今日 feat. 小玉和文」
の2曲が収録されます。どちらも現在、入手し辛い音源です。

『RELAXIN’ WITH JAPANESE LOVERS VOLUME 7
~IN THE MOOD FOR JAPANESE LOVERS COLLECTIONS~』
聖なる夜に愛と優しさを必ず与えてくれる極上和物ラヴァーズ・ロック・コレクション第7弾CD。時代やジャンルすら超えた珠玉の全14曲を収録。

発売日:2018年11月28日
品番:AICL-3596
価格:2,400円+税

収録楽曲:
01.Fiction Romance / VIDEOTAPEMUSIC
02.ラビリンス【Vocal;満島ひかり】(DUBFORCE Mix)/ MONDO GROSSO *初CD化
03.THANK YOU FOR THE MUSIC / bonobos
04.RUNNIN' AWAY / FRISCO feat. CHEE
05.いかれたBABY / 大比良瑞希 *未発表音源初CD化
06.I DON'T WANT THIS LOVE TO END(Full Version Mix) / KODAMA & GOTA featuring JANET KAY
07.雪の華(Reggae Disco Rockers 2018 Relaxin' mix) / 中島美嘉 *初CD化
08.Christmas Time In Blue(Original Version) / 佐野元春
09.DRIP DRY EYES / SANDII
10.スカートの砂 / UA
11.ウォーリー・ビーズ / 細野晴臣&イエロー・マジック・バンド
12.おてもやん / 民謡クルセイダーズ
13.なんてキミドリだ今日 feat. 小玉和文 / キミドリ
14.回想 / 高橋幸宏

KODAMA & GOTA:こだま和文と屋敷豪太のユニット。ロンドン・ウエスト・ポイント・スタジオで制作され、1枚のアルバム、2枚のシングル、1枚のリミックス盤をリリース。レコーディングにはアスワドのメンバーを始めとしたUKミュージック・シーンのアーティストたちも参加。後にライブ盤もリリースされました。

シングル『I DON'T WANT THIS LOVE TO END』
http://www.sonymusic.co.jp/artist/KodamaAndGota/discography/SRCS-8193

KODAMA & GOTA公式サイト
http://www.sonymusic.co.jp/artist/KodamaAndGota/

キミドリ:クボタタケシ、石黒景太(KUROOVI)、DJマコトによる3人組ヒップホップ・ユニット。「なんてキミドリだ今日 feat. 小玉和文」は、1996年にリリースされたキミドリのミニアルバム『オ・ワ・ラ・ナ・イ~OH,WHAT A NIGHT!』収録曲。トランペットがフィーチャリングされたコラボ曲です。

RELAXIN’ WITH JAPANESE LOVERS:伝説のカルチャー・マガジンならぬオルタナティヴマガジン『relax』の特集から誕生した、70年代のロンドンで流行したスウィート&メロウなレゲエ、ラヴァーズ・ロックを集め人気を博した名物コンピレーション、『RELAXIN’ WITH LOVERS』シリーズ。その和物盤スピンオフが、『RELAXIN’ WITH JAPANESE LOVERS』。デザインは、雑誌『relax』のADを務め、フリーソウル、アプレミディ・シリーズ等でも知られ、同シリーズを全て手掛けている、NANA小野英作。写真は、1984年当時、ロンドンのブリクストンに住み、ジャマイカ移民によるUKカリビアン・カルチャーを美しく活写した写真家・石田昌隆。

「今作もまた、タイムレスでありながらタイムリーな新旧ジャンルを超えたジャパニーズ・アーティスト達の作品のなかから、絶妙すぎる超ナイスなラヴァーズ・レゲエ・セレクション。最高です!二人きりの時間のムーディーな演出に、また年の瀬のパーティーシーズンに向けても必携な内容ですね!」
(HMV recodshop 渋谷 長谷川賢司)

「大らかでピースフル!ミッドナイトもトワイライトも似合う、チルでメロウなジャパニーズラヴァーズ~ダブミュージックを集めたコンピの第7弾!音楽的な知識なんかなくたってリラックスして聴いているうちに、部屋の空気に溶け込んでいく様な柔らかく、穏やかでメロウな音楽が詰まった作品で、繰り返し聴きたくなるカジュアルさを備えた1枚!世の中には自分の知らない良い音楽がまだまだたくさんあり、だからこそ音楽に対する興味は尽きないと改めて思わせてくれる全ミュージックラヴァーズに聴いてほしいアルバムです!」
(TOWER RECORDS新宿店Y.Y)


[PR]
f0140623_00384084.jpeg

11/3、松竹谷清さん(ex.TOMATOS)が「The Christmas Song」のレゲエカバーの7inchをリリースします。エマーソン北村さんが参加し、Dub Mix はウッチーこと内田直之さん。

そのレコ発を祝う「松竹谷清 & Chocolate Dandies」の東京らに、こだま和文がゲスト出演します。

松竹谷清
http://matsutakeya2.webcrow.jp/

松竹谷清『THE CHRISTMAS SONG』レコ発記念ライブ!!!
「GREETINGS」
【DATE】2018年11月8日(木)
【TIME】
OPEN19:30 / START20:00
【PLACE】
札幌ベッシーホール Tel.011-221-6076
札幌市中央区南4条西6丁目 晴ればれビルB1
http://bessiehall.jp/
【LIVE】
松竹谷清 & Chocolate Dandies
松竹谷清(Vo./G.)
エマーソン北村(Key.)
山口大輔(Dr.)
+しゅうへい(Tb./from beat sunset)
ゲスト:こだま和文(Tp.)
【CHARGE】
前売:3,000円(税込)+1DRINK
当日:3,500円(税込)+1DRINK
【TICKET】9月1日(土)より発売開始
★札幌BAR BAHIA
北海道札幌市中央区南3条西3丁目1 サンスリービル4F
営業は夜のみ/月曜定休
★e+
http://sp.eplus.jp/sys/T1U14P002271528P0050001
★松竹谷清サイト
http://matsutakeya2.webcrow.jp/
*e+以外はオリジナルチケットでの販売
*整理番号つき
*BAR BAHIAでの販売は営業時間内になります。
【INFORMATION】
札幌BAR BAHIA
Tel.011-219-0434
http://matsutakeya2.webcrow.jp/

[PR]
f0140623_02294648.jpeg

f0140623_02300587.jpeg

f0140623_02302004.jpeg

池袋・新文芸坐の特集「映画を生きた男 追悼・津川雅彦
」で、『集団左遷』(1994年/監督:梶間俊一)が、リバイバル上映されます。こだま和文(当時は小玉和文名義)が、初めて映画音楽を担当した作品。上映は1日のみ。『集団左遷』をスクリーンで見られる貴重な機会です。

★10/25(木)『集団左遷』
9:50/14:05/18:20(終映20:05)
*併映『善人の条件』(1989年)

『集団左遷』予告編
https://youtu.be/21ok14mPz9E

新文芸坐
東京都豊島区東池袋1-43-5 マルハン池袋ビル3F
Tel: 03-3971-9422
Mail: staff@shin-bungeiza.com
http://www.shin-bungeiza.com

『集団左遷』(1994年/107分)
監督:梶間俊一
脚本:野沢尚
原作:江波戸哲夫
音楽:小玉和文
出演:柴田恭兵、中村敦夫、津川雅彦、小坂一也、河原崎建三、湯江健幸、萬田久子、高島礼子、河原さぶ、丹波義隆、神山繁、亀石征一郎、北村総一朗、江波杏子、伊東四朗、佳那晃子、下絛アトム

映画『集団左遷』の音楽は、リコ・ロドリゲスらをゲストに迎えレコーディング。1994年、『集団左遷 オリジナル・サウンドトラック〜小玉和文の映画音楽〜』発売。1997年、『DREAD BEAT IN TOKYO』のタイトルで再発。さらに2002年、『RETURN OF THE DREAD BEAT 熱風の街』として再々発されました。

『集団左遷』作品情報
東映ビデオ

[PR]