人気ブログランキング |

<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

★2015/6/24 NUMBER GIRL『記録映像 LIVE 1999-2002』発売→
★エッセイ「寒い男」ネット掲載→
★2012【DRY&HEAVY meets こだま和文】ライブ映像アップ→
★西内徹バンド「Tetsu Nishiuchi and The Band」参加→
★アルバム『Coba-U FOLK feat. Gen Tamura』参加→
★スペシャルインタビュー『ホロ酔い放談』→
★書籍『Shall We ダンス?3.11以降の暮らしを考える』参加→
★『BEST MIX / Chieko Kinbara』にこだま参加曲。→
★KODAMA&THE DUB STATION BAND『IN THE STUDIO』再発→
★初ソロ作品『QUIET REGGAE』再発→
★SPEEDSTAR時代の音源(1999~2003)→
★quasimode feat. こだま和文「Seven Colors」アナログ化→
★「あのじゃがたらの名曲の数々を~」映像アーカイブ→
★こだま和文×ランキン・タクシー対談「そして、3.11以降の日本」→
★「peaceful garden 2011」アーカイブ→
★こだま和文八戸2デイズ USTアーカイブ→

【on sale!】
★アルバム『MORE』→
★チャリティーソング「This Moment」参加→
★仮想夏フェス・コンピ『Let’s Get Outside 』参加→
★メンバー選曲によるMUTE BEATベスト盤→
★DVD『GLADDY MEETS MUTEBEAT』→
★MUTE BEAT『STILL ECHO』デジタル・リマスター盤→
★quasimodeの5thアルバム『Magic Ensemble』に参加→
★t-Ace「雨 feat.こだま和文」→、アナログ12’’
★DVD&CD「真夏のワイワイ祭りスペシャル」参加→
★V.A『DRINKING REGGAE STYLE』参加→
★『BOOMANIA~THE BOOM SPECIAL BEST COVERS~』→
★ 赤塚不二夫トリビュート『四十一才の春だから』参加→
★DVD『KAIKOO meets REVOLUTION』→

*このエントリーは常に2番目に表示されます。
最新のエントリーは、この記事の下になります。
*未掲載のこだまさん情報がありましたら、お手数ですがコメントやメールでお知らせください。情報を掲載させていただきます。
*こだまさん宛のメールも受け付けています(必ずご本人に転送いたしますが、お時間をいただく場合がございます)。
contact→
f0140623_4282725.jpg
f0140623_4282838.jpg
セレクトショップの先駆け、BEAMSの40周年を記念して制作されたMV「TOKYO CULTURE STORY」に、こだま和文が参加。

BEAMS1号店がオープンした1976年から現在まで、40年間の東京のカルチャーを、ファションと音楽という2つの視点から紹介しています。

音楽は時代を代表する27人のアーティストが、スチャダラパー featuring 小沢健二の名曲『今夜はブギー・バック(smooth rap)』をノンストップでカバー。移り変わる曲調は、40年分、総計15ジャンル。シティポップ、ニューウェーブ、ロックンロール、DUB、ダンスポップ、オルタナ、渋谷系、ヒップホップ、メロコア、テクノ、ポストロック、ボカロ、アイドル、クラウドラップ、アシッドジャズ。編曲はCMJKが、監督は音楽プロデューサーの美登浩二が担当した。

TOKYO CULTURE STORY|今夜はブギー・バック(smooth rap) in 40 YEARS OF TOKYO FASHION & MUSIC|presented by BEAMS

【MV】
https://youtu.be/xmsxWmKz-B8

【キャンペーンサイト】
http://www.beams.co.jp/special/tcs/sp/index.html

【公式SNS】
★instagram
https://www.instagram.com/tokyo_culture_story/
★twitter
https://twitter.com/t_culture_story
★Facebook
https://www.facebook.com/TOKYO-CULTURE-STORY-958715184196180/

【出演アーティスト】
★1970年代:南佳孝 [シティ・ポップ] / 戸川純 [ニューウェーヴ]
★1980年代:SEIJI(GUITAR WOLF) [ロックンロール] / こだま和文(ex.MUTE BEAT) [ダブ] / 森高千里 [ダンス・ポップ]
★1990年代:EYE(BOREDOMS) [オルタナティブ・ロック] / 野宮真貴 [渋谷系] / サイプレス上野・高木完 [ヒップホップ]
★2000年代:HUSKING BEE [メロコア] / ナカコー&フルカワミキ (LAMA/ex.SUPERCAR) [テクノ/エレクトロニカ] /クラムボン [ポストロック] / sasakure.UK feat. 初音ミク [ボーカロイド]
★2010年代:チームしゃちほこ [アイドル] / tofubeats・仮谷せいら [クラウド・ラップ] /YONCE (Suchmos) [アシッド・ジャズ/ロック]

【出演キャスト】
池松壮亮/小松菜奈

【楽曲】
スチャダラパー featuring 小沢健二
『今夜はブギー・バック(smooth rap)』
1994年3月9日にリリースされるやいなや、50万枚を超えるヒットに。以降、数多くのミュージシャンに愛され、カバーされてきた。日本語ラップとして、お茶の間レベルでヒットした最初期の楽曲のひとつであり、このヒットにより小沢健二とスチャダラパーの名前は一躍広く知れ渡った。当時、2組はそれぞれ、別々のレコード会社に所属しており、その枠を超えたミュージシャン同士のコラボ作品の先駆とも云える。



*本日、当日券あります。
*ライブタイトルが変更になりました。

KODAMA AND THE DUB STATION BANDが、
冬のワンマンを開催します。

KODAMA AND THE DUB STATION BAND
「冬のDUB(Dubby Xmas改め)」
【DATE】2016年12月21日(水)
【TIME】
OPEN&START 19:00
LIVE START 20:00
【PLACE】
吉祥寺STAR PINE'S CAFE
(東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1)
http://mandala.gr.jp/SPC/access
【ACT】
LIVE:
KODAMA AND THE DUB STATION BAND
Tp./Vo.:こだま和文、G.:AKIHIRO、B.:コウチ、Dr.:森俊也、Key.:HAKASE-SUN
DUB MIX: 内田直之
GUEST DJ:山名昇
【CHARGE】
前売:4,000円(税込 / 1DRINK別)
当日:4,500円(税込 / 1DRINK別)
【TICKET】12月20日(火)まで発売
★STAR PINE’S CAFE店頭
★STAR PINE’S CAFE メール予約 http://www.mandala.gr.jp/spc.html
★e+ 12月20日(火)〜18:00まで発売
【INFORMATION】
吉祥寺STAR PINE'S CAFE
TEL.0422-23-2251
http://www.mandala.gr.jp/spc.html