★2018/11/25「KODAMA AND THE DUB STATION BAND」千葉 ワンマン→
★2018/10/13・14「TOYOTA ROCK FESTIVAL 2018」愛知 フェス→
★2018/11/8「松竹谷清 & Chocolate Dandies」札幌 ゲスト出演→
★2018/11/18「松竹谷清 + エマーソン北村」下北沢 ゲスト出演→
★2018/11/21 KODAMA AND THE DUB STATION BAND『IN THE STUDIO』初アナログ化→
★‪2018/9/20「GO GOゴンチチ」コメント出演→
★2018/3/21 CD「ひまわり HIMAWARI-DUB」リリース
★「FUNKA DUB」オフィシャル・ライブ映像→
★2018/8/15 SILENT POETS『dawn』 アナログ(2LP)発売→
★2018/5/25 Kazufumi Kodama & Undefined
10inch「New Culture Days」EU圏で発売→
10inch「New Culture Days」Interview: Kazufumi Kodama(English ver.)→
★10inch「New Culture Days」こだま和文インタビュー→
★2018/4/30 Kazufumi Kodama & Undefined
10inch「New Culture Days」【sold out】
★2018/3/14 SANDII & DENNIS BOVELL『HULA DUB』ゲスト参加→
★2018/4/28 朝日新聞夕刊 CD「ひまわり/HIMAWARI-DUB」レビュー掲載→
★2018/4/6発売 文芸誌『すばる 5月号』エッセイ掲載→
★2017/3/15 MUTE BEAT『FLOWER』『LOVER'S ROCK』UHQCDで再発→
★2017/3/30 『PARTNERS』インタビュー
web「アダンRADIO」に対談掲載→
★‪s-ken『Tequila the Ripper』コメント寄稿→
★BEAMS 40th MV「TOKYO CULTURE STORY」に、こだま和文が参加。→
★2016/11/23発売 CHIEKO KINBARA『WITH 』にこだま和文参加→
★こだま和文×AROYグッズ→
★インタビュー書籍『いつの日かダブトランぺッターと呼ばれるようになった』→
★エッセイ集&自伝的小説『空をあおいで』→

★Twitter
こだま和文(本人)
http://twitter.com/Kazufumi_Kodama
echo-info(活動情報など)
http://twitter.com/echo_info
KODAMA AND THE DUB STATION BAND
http://twitter.com/KODAMA_DSB

★Facebook
https://www.facebook.com/%E3%81%93%E3%81%A0%E3%81%BE%E5%92%8C%E6%96%87-Kazufumi-echo-Kodama-181991131902772/?ref=bookmarks

*このエントリーは常にトップに表示されます。
*未掲載のこだま和文情報がありましたら、お手数ですがコメントやメールでお知らせください。情報を掲載させていただきます。
*こだま和文宛のメールも受け付けています(必ずご本人に転送いたしますが、お時間をいただく場合がございます)。
contact→

[PR]
★2015/6/24 NUMBER GIRL『記録映像 LIVE 1999-2002』発売→
★エッセイ「寒い男」ネット掲載→
★2012【DRY&HEAVY meets こだま和文】ライブ映像アップ→
★西内徹バンド「Tetsu Nishiuchi and The Band」参加→
★アルバム『Coba-U FOLK feat. Gen Tamura』参加→
★スペシャルインタビュー『ホロ酔い放談』→
★書籍『Shall We ダンス?3.11以降の暮らしを考える』参加→
★『BEST MIX / Chieko Kinbara』にこだま参加曲。→
★KODAMA&THE DUB STATION BAND『IN THE STUDIO』再発→
★初ソロ作品『QUIET REGGAE』再発→
★SPEEDSTAR時代の音源(1999~2003)→
★quasimode feat. こだま和文「Seven Colors」アナログ化→
★「あのじゃがたらの名曲の数々を~」映像アーカイブ→
★こだま和文×ランキン・タクシー対談「そして、3.11以降の日本」→
★「peaceful garden 2011」アーカイブ→
★こだま和文八戸2デイズ USTアーカイブ→

【on sale!】
★アルバム『MORE』→
★チャリティーソング「This Moment」参加→
★仮想夏フェス・コンピ『Let’s Get Outside 』参加→
★メンバー選曲によるMUTE BEATベスト盤→
★DVD『GLADDY MEETS MUTEBEAT』→
★MUTE BEAT『STILL ECHO』デジタル・リマスター盤→
★quasimodeの5thアルバム『Magic Ensemble』に参加→
★t-Ace「雨 feat.こだま和文」→、アナログ12’’
★DVD&CD「真夏のワイワイ祭りスペシャル」参加→
★V.A『DRINKING REGGAE STYLE』参加→
★『BOOMANIA~THE BOOM SPECIAL BEST COVERS~』→
★ 赤塚不二夫トリビュート『四十一才の春だから』参加→
★DVD『KAIKOO meets REVOLUTION』→

*このエントリーは常に2番目に表示されます。
最新のエントリーは、この記事の下になります。
*未掲載のこだまさん情報がありましたら、お手数ですがコメントやメールでお知らせください。情報を掲載させていただきます。
*こだまさん宛のメールも受け付けています(必ずご本人に転送いたしますが、お時間をいただく場合がございます)。
contact→
[PR]
こだま和文への出演などの打診、ファンメールは、
下記のアドレスへお送りください。
必ず責任をもってこだま和文本人にお届けします。
(ただしお時間をいただく場合がございます。)

wacca55★mail.goo.ne.jp
*送信の際には★を@に変更してください。

[PR]
# by echoinfo | 2018-12-31 22:00 | contact
f0140623_03073630.jpeg

2018年11月22日、
KODAMA AND THE DUB STATION BANDのアルバム『IN THE STUDIO』(2005年発売/録音は1999年)が、2LPで初めてアナログ化されます。リリースは、バンドの自主レーベル・KURASHI×JET SETより。
https://www.jetsetrecords.net/814005504399‬

1999年11月、RIDDIM誌創刊200号記念として開催された、新宿リキッドルームでの一夜かぎりのライブのために結成されたのが、こだま和文率いるTHE DUB STATION BANDの始まり。

そのライブのためのリハーサルセッションを、こだま和文自身がその場にあったカセットテレコとトランペット用のマイクで拾った音源を基にしたアルバムが、今回、初アナログ化される『IN THE STUDIO』。

こだま和文が、MUTE BEAT以来、10年ぶりにバンドサウンドで演奏した、「音のドキュメンタリー」とでもいうべき作品。

カセットマスター、ライブ時のリハーサル音源、モノラル録音というラフでタフなプロフィール。しかし、だからこそ味わえる、生々しいバンドスタイルのロッカーズ・サウンドがここに。

KODAMA AND THE DUB STATION BAND
『IN THE STUDIO』(2LP)
発売日:2018年11月22日(水)
品番:JSLP099
3,564円(税込)
レーベル:KURASHI / JET SET (JPN)

A-SIDE
LANDSCAPE
朝日のあたる家 ~ DUB VERSION

B-SIDE
TAKE FIVE
JENKA
LIGHT & WIND

C-SIDE
FIRE FIRE
熱風の街 PART 1
熱風の街 PART 2

D-SIDE
FUNKA DUB
BE MY BABY

MUSICIANS
TRUMPET:こだま和文
THE DUB STATION BAND are
TETSU : KEY(from やっほー!バンド) 
KOHCHI : BASS(from やっほー!バンド)
OSAMU MASUDA:(from やっほー!バンド) 
SHINICHIRO AKIHIRO : GUITAR(Dreamlets/川上つよしと彼のムードメイカーズ)


[PR]
f0140623_16561700.jpeg

2018/3/21(水)、KODAMA AND THE DUB STATION BANDが、7曲入りCD「ひまわり / HIMAWARI-DUB」をリリース。

KODAMA AND THE DUB STATION BAND、自らのレーベル「KURASHIレーベル」、リリース第2弾となります。

下記ショップで販売中。
★パイドパイパーハウス
★HMV取扱店(13店舗)
★HMV&BOOKS onlie
http://www.hmv.co.jp/product/detail/8686057
*取扱店の詳細はこのブログの後半をご覧ください。

「ひまわり / HIMAWARI-DUB」は、こだま和文率いる KODAMA AND THE DUB STATION BANDが、現メンバーでの再始動後、初のCD作品。

表題曲は、ヘンリー・マンシーニが映画『ひまわり』(ヴィットリオ・デ・シーカ監督/1970年)のために生み出し、世界的に大ヒットした美しいテーマ曲のカバー。

「Autumn Leaves」(仏題:Les Feuilles mortes/邦題:枯葉)は、1945年、ジョゼフ・コズマが作曲。シャンソン、ジャズを中心に、世界的に親しまれているスタンダード・ナンバー。

MUTE BEAT後期の曲「FUNKA DUB」は、初のスタジオ録音となります。

また、それぞれの曲のversion、「ひまわり」のChris LongwoodによるDUB ver.も収録。KODAMA AND THE DUB STATION BANDならではの1枚に。

CD「ひまわり / HIMAWARI-DUB」
KODAMA AND THE DUB STATION BAND
KURASHI-002
3,000円(税込)
01. ひまわり
02. AUTUMN LEAVES
03. FUNKA DUB
04. ひまわり version
05. AUTUMN LEAVES version
06. FUNKA DUB version
07. HIMAWARI-DUB
メンバーのコウチによるセルフ・ライナーノートつき

こだま和文(Trumpet)
HAKASE-SUN(Accordion/Keyboards)
森俊也(Drums)
コウチ(Bass)
アキヒロ(Guitar)
Recorded, Mixed and Dub Mixed:Chris Longwood
Mastered:滝瀬真代(M's disk mastering)
Art work:こだま和文

KODAMA AND THE DUB STATION BAND
公式サイト
http://dubstation.info/

収録曲「FUNKA DUB」オフィシャル・ライブ映像
https://youtu.be/t5ij1k4NxqA


CD「ひまわり / HIMAWARI-DUB」取扱店
【オンライン通販】
★HMV&BOOKS onlie
http://www.hmv.co.jp/product/detail/8686057
*現在、送料無料対象商品です。
【東京都】
★パイドパイパーハウス
(渋谷タワーレコード5F)
https://mobile.twitter.com/PiedPiperHouse
★HMV&BOOKS SHIBUYA
http://www.hmv.co.jp/store/BTK/
★HMV Record Shop渋谷
http://recordshop.hmv.co.jp/category/shibuya
★HMV Record Shop 新宿ALTA
http://recordshop.hmv.co.jp/category/shinjuku
★HMV Record Shop コピス吉祥寺
http://recordshop.hmv.co.jp/category/kichijoji
★HMV立川
http://www.hmv.co.jp/store/TKW/
★HMVエソラ池袋←new
http://www.hmv.co.jp/store/IKE/
【北海道】
★HMV札幌ステラプレイス
http://www.hmv.co.jp/store/SAP/
【青森県】
★HMVイオンモールつがる柏
http://www.hmv.co.jp/store/AMK/
【愛知県】
★HMV栄
http://www.hmv.co.jp/store/sak
【兵庫県】
★HMV三宮VIVRE
http://www.hmv.co.jp/store/SAN/
【大阪府】
★HMV&BOOKS SHINSAIBASHI 4/27 open
‪http://www.hmv.co.jp/store/BSB/‬
★HMVグランフロント大阪
http://www.hmv.co.jp/store/GFO/
【福岡県】
★HMV&BOOKS HAKATA
http://www.hmv.co.jp/store/BHK/

HMV取扱店はネットでお取置きできます(店頭受取)。在庫確認もこちらのページで。
http://www.hmv.co.jp/productitemstock/stock/8686057
*CD「ひまわり / HIMAWARI-DUB」の在庫がないHMV店舗でも取り寄せが可能です。詳しくは各HMV店舗にお問い合わせ下さい。

[PR]