<   2017年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

3/30発売の雑誌『PARTNERS』創刊号に、
こだま和文が30年以上使い続けている
トランペットについてのインタビュー掲載。
聞き手/構成は磯部涼さん。
8ページの特集になります。

‬partnersmagazineさんのInstagramより。
記事のタイトルは「trumpeter Kazufumi Kodama and his trumpet STILL ECHO」。
https://www.instagram.com/p/BRBUwsdjb7z/

‪『PARTNERS』取扱店‬
‪★日本:TSUTAYA渋谷店/代官山蔦屋書店/TSUTAYA TOKYO ROPPONG/青山ブックセンター本店/Shelf/ジュンク堂池袋本店/SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS ‬
★EUROPE:colette/do you read me?/Claire de Rouen Books‬
‪★USA:McNally Jackson/BOOGA/GYM STANDARD‬
https://www.instagram.com/p/BSQtom7jQ0e/

f0140623_23083267.png

PARTNERS公式サイト
こだま和文の記事掲載の『PARTNERS 』創刊号は、公式サイトから通販が申込ます。価格1,620円+送料400円=合計2,020円。お支払はPayPalになります(要アカウント開設/開設費・年会費・ご利用手数料無料)。


[PR]
f0140623_09064281.jpeg


f0140623_09072606.jpeg

2017年3月15日、こだま和文が在籍したMUTE BEATの1stアルバム『FLOWER』(1987年/PCCA50262)、2ndアルバム『LOVER'S ROCK』(1988年/PCCA50263)が、ポニーキャニオンよりUHQCD(Hi Quality CD)で再発。

MUTE BEAT『FLOWER』
1897年にMUTE BEATがポニーキャニオンよりリリースしたファースト・アルバム。オリジナル・リリースより30年後のタイミングでの再発売。その後の音楽シーンにも大きな影響を与えたの代表作。
『FLOWER』(1987年/PCCA50262)UHQCD再発情報
http://visual.ponycanyon.co.jp/short/sakuhin/PCCA000050262/?REF=MUSIC

MUTE BEAT『LOVER'S ROCK』
1988年にリリースされたセカンド・アルバム。ジャケットのアートワークを含め、いまも変わらぬメッセージを送り続けるバンドの在り様を伝えるアルバム。

『LOVER'S ROCK』(1988年/PCCA50263)UHQCD再発情報
http://visual.ponycanyon.co.jp/short/sakuhin/PCCA000050263/?REF=MUSIC

iTunesでも販売中です。
MUTE BEAT『FLOWER』(Remastered)
https://itun.es/jp/dsPnib
MUTE BEAT『LOVER'S ROCK 』(Remastered)
https://itun.es/jp/fUPnib

『FLOWER』『LOVER'S ROCK』リリース時のメンバーは
小玉和文:トランペット
増井朗人:トロンボーン
朝本浩文:キーボード
松永孝義:ベース
今井秀行:ドラムス
宮崎泉“DUB MASTER X”:エンジニア


[PR]
アダングループのサイト「アダンRADIO」の連載「酔談」に、代表の河内一作さんとこだま和文の対談がアップされました。

「酔談Vol.3」
ゲスト:こだま和文
飛び入りゲスト:園田ゆみ
ホスト:河内一作

http://adan-radio.com/suidan/vol-3/

河内一作
霞町「クーリーズクリーク」、代官山「スワミ」、青山「カイ」など、時代を代表する数々のバー、レストランを手がける。こだま和文が2010年〜2016年までライブを定期的に行った「音楽実験室 新世界」をプロデュース。こだま和文のインタビュー書籍『いつの日かダブトランぺッターと呼ばれるようになった』にエッセイを寄稿。

[PR]
f0140623_15354883.jpeg
f0140623_15360874.jpeg
f0140623_15362455.jpeg
こだま和文とのコラボでおなじみの
AROYがKODAMA&THE DUB STATION BANDグッズ手がけました。
これらのグッズはライブ会場、AROY店頭およびサイトで購入できます。


Tシャツが3種類、トートバッグが2種類、ビアグラスになります。現金だけではなく、クレジットカードでのお支払いも可能です。

★Tシャツ 各3,900円(税込)
・鳥Tシャツ(NAVY、KHAKI/S~XLサイズ)
・トランペットTシャツ(BLACK、WHITE/S~XLサイズ)
・ニット帽Tシャツ(フライヤーに使われた絵のTシャツ/WHITE/S~Lサイズ)

★トートバッグ
・鳥トートバッグ(NATURAL、NAVY/Mサイズ) 1,550円(税込)
・トランペットトートバッグ(NATURAL、BLACK/Sサイズ)  1,300円(税込)

★ビアグラス 1個900円(税込)
瓶ビールを頼むと出てくるグラスのサイズになります。赤い字で「KODAMA&THE DUB STATION BAND」とプリントがはいります。

グッズの販売に関してはAROYへお問合せください。
http://www.a-r-o-y.net/


[PR]
3月22日にリリースされた、s-kenさん*の25年ぶり7枚目のアルバム『Tequila the Ripper』(anaked.RECORDS/B01N9T0CZR)にこだま和文がコメントを寄せています。
http://s-ken.asia/comment/‬

s-kenプロフィール
1978年にバンド「s-ken」を結成。伝説のパンク・ムーヴメント「東京ロッカーズ」に参加。ソロ活動後、s-ken&Hot Bomboms結成。80年代、MUTE BEAT、じゃがたら、TOMATOSらと共に「Tokyo Soy Source」開催。プロデューサーとして、PE’Z、中山うり、久和田佳代、スーパーバタードッグ、ボニーピンク、クラムボン、DJKRUSH、エルマロ、MONDAY満ちる、BimBamBoomなど多数のアーティストを世に送り出す。

s-ken公式サイト
http://s-ken.asia

[PR]
f0140623_12004273.jpeg

*当日券を発売します。

六本木VARITの1周年記念として、KODAMA AND THE DUB STATION BANDのワンマンライブが決定しました。
http://www.r-varit.net/schedules/view/383

ROPPONGI VARIT.1st anniversary
「ULTIMATE MUZIK×KODAMA AND THE DUB STATION BAND」
【DATE】2017年3月22日(水)
【TIME】OPEN 18:30 / START 19:30
【PLACE】
六本木VARIT
(東京都港区六本木5丁目18-2 大昌第二ビル B1)
http://www.r-varit.net/p/access
【ACT】
LIVE:KODAMA AND THE DUB STATION BAND〈こだま和文(Tp.Vo.)、AKIHIRO(G.)、コウチ(B.)、森俊也(Dr.)、HAKASE-SUN(Key.)〉
DUB MIX:内田直之
DJ:imazeKING(KAMINARI WORKS)
FOOD:Green Bush
【CHARGE】
前売4,000円(ドリンク代別)
当日4,500円(ドリンク代別)
【TICKET】
一般発売:2017年2月11日(土)より
★e+ 手数料無料、スマチケ対応です。
3/21(火)18:00まで
★電話予約:六本木VARIT Tel:03-6441-0825
受付時間:15:00〜20:00
*3/21(火)20:00まで
【INFORMATION]
六本木VARIT 03-6441-0825
http://www.r-varit.net

[PR]

f0140623_00553614.jpeg

内田直之(DUB MIX)ダブ/ミックス・エンジニア
日本屈指のダブ・エンジニアと呼ばれる存在で、レコーディングやミキシングからライヴ・ステージまで、唯一無二の強烈なグルーヴを携えたトラックを生み出す達人として数多くのアーティストから厚い信頼を得ている。
ソロのほか、LITTLE TEMPO、OKI DUB AINU BAND、FLYING RHYTHMSといったグループのメンバーとしても活動する。2011年、OKI DUB AINU BANDの『サハリン・ロック』にディープなミックスを施した『HIMALAYAN DUB-Mixed by OKI vs 内田直之-』を発表した。
KODAMA AND THE DUB STATION BAND、こだま和文のライブのDUB MIXも、度々、担当。
ほかに手がけたアーティストは、DRY&HEAVY(メンバーとして在籍)、Goma And Jungle Rhythm Section、キセル、LIKKLE MAI、豊田道倫、パラダイスガラージ、Little Creatures、西内徹バンド、マルコス・スザーノ、アラゲホンジ、OLAibi、光風、YoLe YoLe、T字路s、blues.the-butcher-590213.、RABIRABI、田我流とカイザーソゼ、COOL WISE MEN、リコ・ロドリゲス、UA、EGO WRAPPIN'、Double Famous、 シアターブルック、SAKEROCK、在日ファンク、The eskargot miles、SPECIAL OTHERSなど多数。


[PR]