<   2016年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

f0140623_21445490.jpg

松竹谷清(Guitar / Vocal)
北海道 札幌市出身。80年代から90年代にかけてTOMATOSとして活躍すると共に、ライブイベント「Tokyo Soy Sauce」を企画して新たな音楽シーンを作った。
近年は、吾妻光良&The Swinging Boppers、西内徹バンド、松永孝義のアルバム等に参加。その存在感はキャリアと共に味わい深さを増している。
[PR]
f0140623_2143034.jpg

Chieko Beauty(Vocal)
90年代から活動を続けるレゲエシンガー。ハスキーで甘いながらも力強さを感じさせる唄声。 ラバーズ・チューンから仲間たち(女性)に贈るまっすぐなコンシャス・チューンまで。
西麻布TOOLS BARで行われたコンテストで特別賞を受賞。ECD、近田春夫、いとうせいこう等の目にとまる。
元ミュートビートのドラマー今井氏の誘いにより、シングル「SHA LA LA」(ナツメグ)でデビュー。ランキン・タクシー首謀のイベントTAXI-HIFIでのラバダブや、TOKYO NO.1 SOUL SETとのライブなど経て、1992年。自らのラブコールによりプロデューサーにこだま和文(ex.MUTE BEAT)を迎えファースト アルバム、「BEAUTY'S ROCK STEADY(Ki/oon/Sony)でメジャーデビュー。 ミュート・ビートのメンバーの他、トマトス、スカパラのメンバーが参加。
翌年、1993年には藤原ヒロシをプロデューサーに迎えたセカンドアルバム「L」(Ki/oon/Sony)をリリース。 ミュートビート、トマトス、ビブラストーンのメンバーが介したバックバンドも話題となった名作。またその人を惹きつける容姿と声をかわれファッション雑誌のモデルから、TV番組の司会のアシスタント、CMやTV番組のナレーターとしても大活躍した。
1997年までに7枚シングルと5枚のアルバムをリリース。以降は拠点を仙台に移し活動を続ける。
2010年より再び拠点を東京に移し、頻繁なライブ活動を開始する。
DJスタイル、アコースティック、バンドなどでクラブからライブハウス、フェスなど、多彩なライブを繰り広げ、「青春レゲエ」「RUM LOVE THURSDAY」のオムニバスアルバムに参加。7インチレコードは発売と同時にsoldout!
[PR]
f0140623_21393469.jpg

市原 "icchie" 大資(Trombone)
大阪のオーセンティックSKAバンド "DETERMINATIONS"のトランペッター、"BUSH OF GHOSTS"のリーダーを経てソロ活動を開始。また、キーボード奏者YOSSYとのYOSSY LITTLE NOISE WEAVERも始動。トランペット、トロンボーン奏者として、RICO RODRIGUEZ、EDDIE TANTAN THORNTON、Cool Wise Man、U-ROY 、STRANGER COLE、LITTLE TEMPO、PRINCE BUSTER、DENNIS BOVEL、Ego Wrappin’、mama!milk、ハナレグミ、CARAVAN、Mr.Childrenなど多くの音楽家と共演、サポート。
[PR]
f0140623_2135634.jpg

西内徹(Sax / Flute)
サックス&フルート奏者、1961年北海道生まれ。北海道大学卒業後上京。ランキン・タクシーのバック・バンドをきっかけにレゲエ・フィールドで演奏活動をはじめる。ときを同じくしてチンドン屋でもサックスを吹くようになり、チンドン界の重鎮・小鶴家幸太郎に弟子入りし、30歳にしてチンドン屋としてデビューする。
V.I.PバンドではHIPHOPのシーンにも関わり、同時期にレゲエ・ディスコ・ロッカーズにも加入し大きな転機をむかえる。主にそれらのリミックス・ワークなどを通じて様々なジャンルのアーティストの作品(シュガー・ソウル、MOOMIN、PUSHIM、RYO the SKYWALKER、ゆらゆら帝国、坂本慎太郎、T字路s 等)に参加をはじめるが、レゲエの軸足はぶれることはなく、〈レゲエ・サックス・プレイヤー〉として活動しているソロ・ミュージシャンは、日本では西内以外にほとんど見当たらない。
東京スカパラダイスオーケストラのベーシストが率いるスーパー・バンド、川上つよしと彼のムードメイカーズや、テツニークス、トライアル・プロダクション、シルヴァー・ソニックス、SKA-9、チンドン・ブラス・バンド西内隊など、パーマネントなメンバーとして参加するバンドも多数。2012年10月、初のリーダー・アルバムをリリース。
[PR]
24年ぶりの「Rocksteady Night」に、こだま和文がゲスト出演します。

ロックステディ・レジェンド・シリーズ第5弾は、ミスター・ロックステディこと、アルトン・エリスのトリビュート。
開催当日はアルトン・エリスの命日(現地8/10日)です。
http://www.overheat.com/articles/event/the_rocksteady_night/index.php

OVERHEAT MUSIC & Far East Records Present
「The Rocksteady Night(Tribute to Alton Ellis)」
【DATE】2016年10月9日(日)
【TIME】開場19:00/開演20:00
【PLACE】渋谷CLUB QUATTRO
(東京都渋谷区宇田川町32-13 4・5F)
http://www.club-quattro.com/access_shib.html
【ACT】
Christopher Ellis
Carlton & the Shoes
Matt Sounds
feat. Guest:
こだま和文、森雅樹(Ego Wrapinn’)and More
Selector:Tommy Far East
【CHARGE】
前売:4,500円(税込 / 1DRINK別)
当日:5,500円(税込 / 1DRINK別)
【TICKET】
★チケット 一般発売 8月6日(土)
チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:306-445)
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:73354)
e+(イープラス)http://eplus.jp
★チケット取扱店
Far East Records 042-741-3455
HESHDAWGZ 03-3475-3475
Dub Store 03-3364-5251
Coco-isle 03-3770-1909
JET SET 下北沢店 03-5452-2262
HMV record shop 渋谷 03-5784-1390
REDPOT 048-854-0930
【INFORMATION】
OVERHEAT MUSIC 03-3406-8970
http://www.overheat.com

[PR]