カテゴリ:profile( 1 )

f0140623_18301740.jpg

こだま和文(from DUB STATION)  

1982年9月、ライブでダブを演奏する日本初のダブバンド「MUTE BEAT」結成。通算7枚のアルバムを発表。1990年からソロ活動を始める。
ファースト・ソロアルバム「QUIET REGGAE」から2003年発表の「A SILENT PRAYER」まで、映画音楽やベスト盤を含め通算8枚のアルバムを発表。
2005年にはKODAMA AND THE DUB STATION BANDとして「IN THE STUDIO」、2006年には「MORE」を発表している。
プロデューサーとしての活動では、FISHMANSの1stアルバム「チャッピー・ドント・クライ」等で知られる。また、DJ KRUSH、UA、EGO-WRAPPIN'、LEE PERRY、RICO RODRIGUES等、国内外のアーティストとの共演、共作曲も多い。
近年、DJ YABBY、KURANAKA a.k.a 1945、DJ GINZI等と共にサウンドシステム型のライブ活動を続けている。
2015年12月、KODAMA AND THE DUB STATION BANDを再始動。メンバーは、こだま和文(Trumpet)、HAKASE-SUN(Keyboards/Accordion)、森俊也(Drums)、コウチ(Bass)、アキヒロ(Guitar)と日本のダブ、レゲエシーンを代表するメンバーが揃っている。
また水彩画、版画など、絵を描くアーティストでもある。
著書に「スティル エコー」(1993)、「ノート・その日その日」(1996)、「空をあおいで」(2010)。ロングインタビュー書籍「いつの日かダブトランペッターと呼ばれるようになった」(2014) がある。

(撮影:門井朋)

[PR]
by echoinfo | 2014-06-13 14:47 | profile