BEAMS 40th MV「TOKYO CULTURE STORY」に、こだま和文が参加。

f0140623_4282725.jpg
f0140623_4282838.jpg
セレクトショップの先駆け、BEAMSの40周年を記念して制作されたMV「TOKYO CULTURE STORY」に、こだま和文が参加。

BEAMS1号店がオープンした1976年から現在まで、40年間の東京のカルチャーを、ファションと音楽という2つの視点から紹介しています。

音楽は時代を代表する27人のアーティストが、スチャダラパー featuring 小沢健二の名曲『今夜はブギー・バック(smooth rap)』をノンストップでカバー。移り変わる曲調は、40年分、総計15ジャンル。シティポップ、ニューウェーブ、ロックンロール、DUB、ダンスポップ、オルタナ、渋谷系、ヒップホップ、メロコア、テクノ、ポストロック、ボカロ、アイドル、クラウドラップ、アシッドジャズ。編曲はCMJKが、監督は音楽プロデューサーの美登浩二が担当した。

TOKYO CULTURE STORY|今夜はブギー・バック(smooth rap) in 40 YEARS OF TOKYO FASHION & MUSIC|presented by BEAMS

【MV】
https://youtu.be/xmsxWmKz-B8

【キャンペーンサイト】
http://www.beams.co.jp/special/tcs/sp/index.html

【公式SNS】
★instagram
https://www.instagram.com/tokyo_culture_story/
★twitter
https://twitter.com/t_culture_story
★Facebook
https://www.facebook.com/TOKYO-CULTURE-STORY-958715184196180/

【出演アーティスト】
★1970年代:南佳孝 [シティ・ポップ] / 戸川純 [ニューウェーヴ]
★1980年代:SEIJI(GUITAR WOLF) [ロックンロール] / こだま和文(ex.MUTE BEAT) [ダブ] / 森高千里 [ダンス・ポップ]
★1990年代:EYE(BOREDOMS) [オルタナティブ・ロック] / 野宮真貴 [渋谷系] / サイプレス上野・高木完 [ヒップホップ]
★2000年代:HUSKING BEE [メロコア] / ナカコー&フルカワミキ (LAMA/ex.SUPERCAR) [テクノ/エレクトロニカ] /クラムボン [ポストロック] / sasakure.UK feat. 初音ミク [ボーカロイド]
★2010年代:チームしゃちほこ [アイドル] / tofubeats・仮谷せいら [クラウド・ラップ] /YONCE (Suchmos) [アシッド・ジャズ/ロック]

【出演キャスト】
池松壮亮/小松菜奈

【楽曲】
スチャダラパー featuring 小沢健二
『今夜はブギー・バック(smooth rap)』
1994年3月9日にリリースされるやいなや、50万枚を超えるヒットに。以降、数多くのミュージシャンに愛され、カバーされてきた。日本語ラップとして、お茶の間レベルでヒットした最初期の楽曲のひとつであり、このヒットにより小沢健二とスチャダラパーの名前は一躍広く知れ渡った。当時、2組はそれぞれ、別々のレコード会社に所属しており、その枠を超えたミュージシャン同士のコラボ作品の先駆とも云える。



[PR]
by echoinfo | 2016-12-30 23:59 | media/net | Comments(1)
Commented by トシ at 2016-11-07 22:01 x
こうゆう積極さがいいですね。
次はテレビでみたいです。