★KODAMA AND THE DUB STATION BAND 12inchアナログ『ひまわり』はつばいち→
★2017/2/8 KODAMA AND THE DUB STATION BANDワンマン 横浜→
★BEAMS 40th MV「TOKYO CULTURE STORY」に、こだま和文が参加。→
★2016/11/23発売 CHIEKO KINBARA『WITH 』にこだま和文参加→
★こだま和文×AROYグッズ→
★インタビュー書籍『いつの日かダブトランぺッターと呼ばれるようになった』→
★エッセイ集&自伝的小説『空をあおいで』→

★Twitter
こだま和文(本人)
http://twitter.com/Kazufumi_Kodama
echo-info(活動情報など)
http://twitter.com/echo_info
KODAMA AND THE DUB STATION BAND
http://twitter.com/KODAMA_DSB

★Facebook
https://www.facebook.com/%E3%81%93%E3%81%A0%E3%81%BE%E5%92%8C%E6%96%87-Kazufumi-echo-Kodama-181991131902772/?ref=bookmarks

*このエントリーは常にトップに表示されます。
*未掲載のこだま和文情報がありましたら、お手数ですがコメントやメールでお知らせください。情報を掲載させていただきます。
*こだま和文宛のメールも受け付けています(必ずご本人に転送いたしますが、お時間をいただく場合がございます)。
contact→

[PR]

★2015/6/24 NUMBER GIRL『記録映像 LIVE 1999-2002』発売→
★エッセイ「寒い男」ネット掲載→
★2012【DRY&HEAVY meets こだま和文】ライブ映像アップ→
★西内徹バンド「Tetsu Nishiuchi and The Band」参加→
★アルバム『Coba-U FOLK feat. Gen Tamura』参加→
★スペシャルインタビュー『ホロ酔い放談』→
★書籍『Shall We ダンス?3.11以降の暮らしを考える』参加→
★『BEST MIX / Chieko Kinbara』にこだま参加曲。→
★KODAMA&THE DUB STATION BAND『IN THE STUDIO』再発→
★初ソロ作品『QUIET REGGAE』再発→
★SPEEDSTAR時代の音源(1999~2003)→
★quasimode feat. こだま和文「Seven Colors」アナログ化→
★「あのじゃがたらの名曲の数々を~」映像アーカイブ→
★こだま和文×ランキン・タクシー対談「そして、3.11以降の日本」→
★「peaceful garden 2011」アーカイブ→
★こだま和文八戸2デイズ USTアーカイブ→

【on sale!】
★アルバム『MORE』→
★チャリティーソング「This Moment」参加→
★仮想夏フェス・コンピ『Let’s Get Outside 』参加→
★メンバー選曲によるMUTE BEATベスト盤→
★DVD『GLADDY MEETS MUTEBEAT』→
★MUTE BEAT『STILL ECHO』デジタル・リマスター盤→
★quasimodeの5thアルバム『Magic Ensemble』に参加→
★t-Ace「雨 feat.こだま和文」→、アナログ12’’
★DVD&CD「真夏のワイワイ祭りスペシャル」参加→
★V.A『DRINKING REGGAE STYLE』参加→
★『BOOMANIA~THE BOOM SPECIAL BEST COVERS~』→
★ 赤塚不二夫トリビュート『四十一才の春だから』参加→
★DVD『KAIKOO meets REVOLUTION』→

*このエントリーは常に2番目に表示されます。
最新のエントリーは、この記事の下になります。
*未掲載のこだまさん情報がありましたら、お手数ですがコメントやメールでお知らせください。情報を掲載させていただきます。
*こだまさん宛のメールも受け付けています(必ずご本人に転送いたしますが、お時間をいただく場合がございます)。
contact→
[PR]
f0140623_1262996.jpg

2016/10/15、こだま和文率いるKODAMA AND THE DUB STATION BANDが、自らのレーベル「KURASHIレーベル」より、12inch アナログ『ひまわり』をリリース。

A面は数々の映画音楽を手がけたヘンリー・マンシーニが、映画『ひまわり』(ヴィットリオ・デ・シーカ監督/1970年)のために生み出し、世界的に大ヒットした美しいテーマ曲のカバー。B面はChris LongwoodによるDUB ver.になります。

今このバンドにおいて、なくてはならない美しいチューン『ひまわり』。アナログ盤による音で、ぜひ、お聴きください。

500枚限定プレスです。ジャケットは、こだま和文デザイン。

ダウンロードコード付き。ターンテーブルがない方でも、収録楽曲を聴くことが出来ます。

KODAMA AND THE DUB STATION BAND
12inch アナログ『ひまわり』
SIDE A: ひまわり
SIDE B: HIMAWARI-DUB

"LOVE THEME FROM SUNFLOWER"
Written by Henry Mancini
Produced by KODAMA
Recorded, Mixed, Mastered, and Dub Mixed by Chris Longwood

KODAMA AND THE DUB STATION BAND
こだま和文(Trumpet)
HAKASE-SUN(Accordion/Keyboards)
森俊也(Drums)
コウチ(Bass)
アキヒロ(Guitar)

2,000円(TAX IN)
KURASHI-001
発売元:DUB STATION / KURASHIレーベル
http://dubstation.info/discs/#himawari

*ライブ会場またはAROY WEB(http://www.a-r-o-y.net)のみの取り扱いとなります。
*アナログ1枚ご購入にて、 MP3データのダウンロードコード1回分つき。
*ダウンロードがうまくいかない場合、エラーが発生した場合の、問合せ窓口もあります。
*原則的には有線LANに接続したパソコンでのダウンロードをお薦めしています。例えばiPhoneの場合は、パソコンでダウンロードし、楽曲をiTunesに登録することで、iPhoneに保存することが可能です。

KODAMA AND THE DUB STATION BANDの、12inchアナログ『ひまわり』、AROY WEBにて通販中です。
http://www.a-r-o-y.net/web-shop/こだま和文-live-goods/
*送料¥500(¥10,800以上お買い上げの場合無料)

[PR]
f0140623_01574632.jpeg

KODAMA AND THE DUB STATION BAND、
2017年、最初のワンマンを横浜で開催します。

KODAMA AND THE DUB STATION BANDワンマン
【DATE】2017年2月8日(水)
【TIME】
OPEN&START 18:30
LIVE START 19:30
【PLACE】
横浜club Lizard
(横浜市中区山下町31 ミヨシビルB1F)
http://www.club-lizard.com/lizard/?page_id=69
【ACT】
LIVE:
KODAMA AND THE DUB STATION BAND
Tp./Vo.:こだま和文、G.:AKIHIRO、B.:コウチ、Dr.:森俊也、Key.:HAKASE-SUN
DUB MIX:上村勝彦
DJ: HOMERUN SOUND / Tommy Returntables
FOOD: Green Bush
【CHARGE】
前売:4,000円(税込 / 1DRINK別)
当日:4,500円(税込 / 1DRINK別)
【TICKET】発売中!
★横浜club Lizard メール及び電話予約
045-663-4755(15:00〜23:00)
★ローソンチケット Lコード:73330
★e+(イープラス)

[PR]
f0140623_21415028.jpg


上村勝彦(エンジニア)
WIRE、FRF、RSR、METAMORPHOSEをはじめメジャーからアンダーグラウンドまで国内フェス/テクノシーンに欠かせない、日本が世界に誇るPAエンジニア、Kamiyannこと上村勝彦。

フェス以外にも、電気グルーヴ、クラムボン、東京No.1ソウルセット、cero、N'夙川BOYS、MANNISH BOYS、DAOKO、LITEなどなど、たくさんのアーティストのPA担当として活躍。

こだま和文の数々のライブも手がけている。2015年1月29日のこだま和文60歳の誕生日には、イベント「還暦 こだま和文」リキッドルームを主催。新生KODAMA AND THE DUB STATION BANDでは、2016年5月4日「GIFT」新宿ロフト、同年10月30日青森サンシャインで、DUB MIXを手がけ好評を得る。

[PR]